身体にピース カルピス

内モンゴル。

この土地の人々に受け継がれ、

今も飲まれている発酵乳

実はその発酵乳をヒントに、

『カルピス』は生まれました。

約100年前、この地を訪れた1人の日本人。

それが、『カルピス』の生みの親、福田孝一。

長旅で体調を崩していた彼に、

現地の人々は白くて少し酸味のある

発酵乳をふるまいました。すると、驚くほどに

彼は元気になっていったのです。

この不思議なチカラを日本に伝えたいと、

帰国した福田孝一がつくったのが『カルピス』です。

彼が身をもって体験した発酵の不思議なチカラ。

この未知のチカラを人々の

健康に役立てていけるよう、

私たちは今も研究を続けています。

0コメント

  • 1000 / 1000